2008年09月17日

島根県の電子入札

島根県の電子入札については以前より、下記サイトでさわり部分が紹介されています。
島根県のCALS/EC
http://www.pref.shimane.lg.jp/infra/kouji/kouji_info/cals_ec/

これまで、運用に向けての作業、少しづつ進んでいるようです。最近の県関係の会議でもこの話題が出ています。
その中から・・・
1.スライドによる一般的な説明会
 県の東部、西部で10月、11月に実施されるようです。
2.パソコンを用いた実務的な研修
 ダミー案件を用いて、実機を使い、操作をされるようです。
 時期は概ね12月から来年2月にかけて
3.練習用サイトの設置
 島根県電子調達システムポータルサイトが開設されるようです。
 その中で自己学習可能な練習用サイトがもうけられます。

下記、国のシステムと同様でしょうか・・・。
電子入札システムWEB版チュートリアル
http://www.e-bisc.go.jp/

一方、出雲市の電子入札に関する情報はまだ公開されていません。
ですが、いずれにしても、そろそろ準備を始める必要があります。

研修委員会ではこれらの状況を見て、講習会を行いたいと考えています。

【研修委員会】
建設興業タイムス9/17
posted by 出建協会 at 18:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年09月16日

USBメモリーのセキュリティ対策

最近、USBメモリーやノートパソコンを無くし、業務情報や個人情報が流出したニュースが結構あるようです。
そのUSBメモリー、便利で良いのですが、あまりに小さいので落としてしまう場合も想定されます。その時を考えると、少々不安になりませんか?
工事の大切な・・のファイルとか。

というところで、最近のUSBメモリーにはセキュリティ機能が付いているものがあるのをご存じでしょうか?
安価なものでも、セキュリティソフトが同梱されたものが売られています。
最近、私が購入したものは・・・
ELECOM
http://www2.elecom.co.jp/data-media/usb-flash/index.html
PW認証により、第3者が拾っても勝手に操作できない仕組みです。
少々操作は面倒になりますが、そうしないと大変なことになるかもしれません。
購入される時には是非、各メーカーのHPを確認された方が良いでしょう。

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 18:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年09月11日

斜面防災技術:地すべり防止工事士

ある会合でこの資格取得の話がありましたので紹介します。

斜面防災対策技術協会
http://www.jisuberi-kyokai.or.jp/
地すべり防止工事士
http://www.jisuberi-kyokai.or.jp/index.html

この資格受験のためには、経験年数や広範な技術、知識が必要です。また合格率も40〜50パーセント程度のようです。既に今年の申し込みは終わっていますので、受験希望の方、来年に向けて準備をされてはどうでしょう。HPには必要な書籍類も紹介されていますので、確認ください。

またこのホームページ、斜面防災技術に関する情報がたくさんあります。内容を見ましたが、現場の方にとって大変参考になります。
時間のある時に一読されてはどうでしょうか?

ちなみに資格取得者名簿がありました。
島根県内の方が確認できます。
http://www.jisuberi-kyokai.or.jp/shikaku/32.htm

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 10:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年09月10日

デュアル・ディスプレイのすすめ

既に利用されている方はこの便利さを理解されている・・・、というかこの便利さを享受され、もう元には戻れないと実感されていると思います。
要はパソコンに2つ以上のモニターをつなぎ、2画面で作業をするということです。画面が2倍になるといろいろ便利なことがたくさんあります。メールやインターネットをしながら文書作成、CADの作図・・・・。複数のソフトを同時に操作するのはみなさんされていると思いますが、画面が重なったり、いちいち最小化したりで面倒ではないでしょうか。
そこでデュアル・ディスプレイです。
ノートなら外部ディスプレー接続端子がたぶん付いているので、これに繋げば可能です。
ですが、デスクトップの場合はビデオカードの増設が必要です。
詳しい方法は下記URLに紹介されています。
(どこの方か知りませんが、とても詳細に説明されています。)

デュアル・ディスプレイの作り方
http://www.toushijouhou.com/

まちがいなく、事務作業が効率化されますし、二度と元の環境に帰ろうとは思わないはずです。
ちなみに私の場合は2台のパソコンをデュアルモニターの環境にしています。こうすると2台のPC環境を併用することが可能になります。それ以外にノートPCも併用ですが・・・。

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 08:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年08月21日

失敗知識データベース

失敗知識データベースは、科学技術分野での事故、失敗事例を分析、これを教訓としてデータベース化されたもの。
科学技術振興機構(JST)から無料で提供されています。
建設関連の情報も222件あるようですので、事例としての確認や安全教育にも使えそうです。

失敗知識データベース
http://shippai.jst.go.jp/fkd/Search

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 17:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年07月31日

静岡県:設計ノウハウ集

あちこち見ていたら、こういうサイトがありました。

静岡県建設コンサルタンツ協会技術部会
http://www.sz-cca.com/kyougikai.html
設計ノウハウ集
http://www.sz-cca.com/QA-01.htm

設計ノウハウは土木屋として気になるところです。
少し以前のもののようですが、公開された情報です。
一読の価値はあると思います。

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 13:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年07月29日

白書へのリンク:参考になります

会員のみなさんの日常業務、いろいろあると思いますが、国が出す各種白書も業務の参考になります。見方によると宝の山かもしれません。各種専門職が1年がかりでまとめたもの、相応の内容となるのは当然です。
最近の各白書をいつくか整理してみました。時間のあるときに眺めてみるのはいかがでしょうか?
1)国土交通省(国土交通白書)
http://www.mlit.go.jp/statistics/file000004.html
2)経済産業省(通商白書、中小企業白書、エネルギー白書)
http://www.meti.go.jp/report/whitepaper/index.html
3)環境省(環境白書)
http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/
4)内閣府(いろいろ・・)
http://www.cao.go.jp/whitepaper.html
5)厚生労働省(厚生労働白書)
http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/index.html
6)農林水産省(食料、農業、林業、水産白書)
http://www.maff.go.jp/j/wpaper/index.html
まだいろいろあるようです・・・
といっている本人がすべて見ている訳ではありません。(笑)

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 17:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年07月19日

建設ITガイド2008

経済調査会の書籍「建設ITガイド2008」を買ってみました。@1200円と安かったもので・・。
記事にはIT導入の事例や最新のソフトの紹介等、結構まとめてあります。現場ですぐに使えるIT小技集というのもあります。中身は・・・、これを書くと商売の邪魔としかられそうです。

Amazon.co.jp>>建設ITガイド2008

中の記事に東建協の「建設IT読本」というのが紹介されています。後は続きを・・・

【研修委員会】続きを読む
posted by 出建協会 at 15:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年07月17日

Webラーニングプラザ

技術者Web学習システムというサイトがあります。
最近は技術者のCPDS(継続教育)が言われています。
こちらは建設業とは少し畑違いでしょうが、とても参考になりますし、また結構なボリュームです。
独立行政法人科学技術振興機構が無料で紹介しているサイトです。

Webラーニングプラザ
http://weblearningplaza.jst.go.jp/

時間のある時にいかがでしょう。

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 22:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年07月11日

出建協会ブログ開設しました

出雲市建設業協会「出建協会ブログ」を開設しました。

これは、協会から会員のみなさんへ、少しでも現場に役立つ情報を提供して行きたいと考え、設けたものです。
当面は「研修委員会」がこれを運営しています。
可能な範囲で情報提供を続けて行きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 13:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事