2008年10月24日

てふてふクレーン

クレーンものをいくつか紹介していますが、こちらもとてもおもしろいです。

てふてふクレーン
http://www.tefutefu-crane.com/index.htm

まず出雲では見ることがない、とてつもなく大きいクレーンや珍しいクレーン、たくさんあります。
これでは規模が違い過ぎて参考になりませんが・・・
資料写真には島根原発の現場も紹介されています。

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 22:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年10月23日

建設業振興基金:主な関係資料

今日は松江で監理技術者講習を受講しました。
会場はたくさんの参加者。朝からの1日、長い時間でしたので、少々疲れました。
また内容としては分かっているようでも、テキストを見ると再確認できます。
さて今日は、この講習団体である建設業振興基金。
その中に「主な関係資料」というのがあります。テキストの出典元や参考となるサイト、ファイルが掲示してあります。

建設業振興基金
http://www.fcip-ko.jp/
主な関係資料
http://www.fcip-ko.jp/modules/text/index.php/content0002.html

書籍に書いてないことも系統立てて掲示されていますので、現場の方の参考になるでしょう。必要な時に探し、一読、利用する、ということでしょうか。

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 18:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年10月22日

いとうのホームページ

今日はこんなホームページを・・・

いとうのホームページ
http://www.geocities.jp/g3nobeoka/

九州、宮崎県の建設会社の方の私的ホームページです。私も時々見ていますが、時に「納得」の書き込みがあります。
相応の年齢の方のようですが、その分、経験豊富、説得力ある発言があります。少しはヒントになることも・・・。

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 23:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年10月21日

県道ファン

今日は話題がないので、これを紹介します。

県道ファン
http://www.kendo-fan.net/

こちらもずいぶん前から時々見ていますが、まめな方のようです。
中国地方の県道、写真その他の情報が掲載されています。島根県の道路も結構あります。
現場の忙しい時、たまには一息付いてみてはどうでしょう。

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 18:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年10月16日

JACIC:建設用プログラム紹介 、みんなで創る建設辞書

JACICのホームページはみなさんご存じのとおりでしょうが、こういったサイト、利用されているでしょうか?

JACIC:日本建設情報総合センター
http://www.jacic.or.jp/

建設用プログラム
http://www.jacic.or.jp/feature/program/

みんなで創る建設辞書(JCCS Wiki)
http://jccswiki.csis.u-tokyo.ac.jp/jccswiki/index.php/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

よく見るサイトにも案外見落としや役立つ情報があるように思います。

【研修委員会】




posted by 出建協会 at 21:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年10月15日

島根県建設技術セミナー2008

以下の日程でセミナーが開催されるようです。
中で島根県が行う電子入札に関する情報提供があるようです。
まもなく全県を対象に電子入札の説明会があるようですが、これとは別の下記セミナー、来年に向けて、参考になります。
なおこのセミナー、CPDSプログラムとなるようです。

日程  2008.11.18(火)13:00〜16:10
場所  ビッグハート出雲 (白のホール)
定員  200名
受講料 1500円
1.セミナー
1)『島根県におけるアセットマネイジメントの取組みについて』
 独立行政法人土木研究所理事
(兼構造物メンテナンスセンター長)大石龍太郎氏
2)『島根県の電子化の取組みの全国発信について』
 島根県土木部技術管理課 主任石倉英明氏
2.情報提供
1)電子入札システムの構築完了と今後の運用について

申し込みは島根県建設技術センターへ

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 23:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年10月13日

Google:適切な検索の仕方

紅葉の時期もまもなく。ブログデザインを変えてみました。

GoogleやYahoo!、とても便利です。
最近の学生の論文、インターネットからの検索結果のつぎはぎで作成され、1つの論文の形になっていないのだそうです。探した結果を参考にして、自前の文章を作成すればいいのですが、時間がないのでしょう、そのまま使っているのだとか。

さてGoogleを利用するとき、単純に「単語」のみで検索されていませんか?
たとえば「出建協会ブログ」を検索すると・・・。
ありがたいことにこのブログが一番最初にヒットしますが、その後は関係ないようなサイトもたくさん表示されます。
出建協会ブログ の検索結果 約 374,000 件

これを「 "出建協会ブログ" 」とすると・・・、3つしか表示されません。
”出建協会ブログ”の検索結果 3 件
この方法を使い分けると便利に情報検索ができます。

そのほかに検索にはいろいろ機能があります。ヘルプもたまには見る必要がありそうです。

Google検索ヘルプ
http://www.google.co.jp/support/bin/answer.py?answer=504&topic=13912

※ヘルプやマニュアル、作っている人、結構な労力ですが、利用しないともったいないものです。
posted by 出建協会 at 20:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年10月11日

資格試験支援ツール

各種資格試験の答案、回答が整理されており、ダウンロードが可能です。

資格試験支援ツール
http://homepage2.nifty.com/303geos/index_001.htm

技術士、土木施工管理技士、建築士等、たくさんの資格試験が掲載されています。
土木施工管理技士、試しにダウンロードしてみましたが、7年分の試験問題、回答が無料で利用可能です。

またシェアウェアとして、1,365円(税込)で詳しい解説付きもあるようです。

建設業界は厳しい時ですので、技術自身にとっても、資格取得は重要です。
自己研鑽を忘れないようにしたいものです。

【研修委員会】

posted by 出建協会 at 19:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年10月08日

「建設業法施行規則」の一部改正>図書の保存

平成20年10月8日付けで「「建設業法施行規則」の一部改正等について」が公表されていますので、注意が必要です。
なかでも完成図等の保存を10年とされていますので、今後は確実な整理が必要となります。

1.営業に関する図書の保存について
建設業の営業に関する書類として、これまで、請け負った工事の名称等を記載した帳簿及びその添付資料として請負契約の写し等の保存を義務付けてきた。今般の法改正を受けて、新たに、紛争の解決の円滑化に資する書類として、以下の図書の保存を義務付ける。
[1]完成図(工事目的物の完成時の状況を表した図)
[2]発注者との打合せ記録(工事内容に関するものであって、当事者間で相互に交付されたものに限る。)
[3]施工体系図
保存義務の対象者は、元請責任の徹底の観点から、発注者から直接工事を請け負う元請業者とする([3]施工体系図については、省令上の作成義務のある工事のみを対象とする。)。

保存期間は、瑕疵担保責任期間(10年)を踏まえて10年とする。

○今後のスケジュール
公布:平成20年10月 8日
施行:平成20年11月28日(上記1.関係)
   平成21年 4月 1日(上記2.関係)

http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo13_hh_000025.html
posted by 出建協会 at 21:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 記事

2008年10月07日

会計検査院:決算結果報告

今日は堅いサイトです。
業界側としては素直に好意を抱けませんが、これも必要な仕組みなので、受け入れざるを得ません。
ですが、過去から全国を検査された結果、これは参考になります。

会計検査院
http://www.jbaudit.go.jp/index.html
決算検査報告 目次検索
http://report.jbaudit.go.jp/org/houkoku-mokuji-list.htm

大量にありますので、時間のあるときに少しづつ見てはいかがでしょう。それも昭和のあたりを見ると検査内容や対象が今と大きく違うことが分かるかもしれません。

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 23:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年10月06日

東京スカイツリー ウェブカメラ:杭打機稼働中

今日はいつもと少し違う話題です。
東京タワーに替って新しいタワーが建設中、この工事状況が公開されています。

東京スカイツリー
http://www.rising-east.jp/
東京スカイツリー ウェブカメラ
http://www.rising-east.jp/webcam/

公開時間は月〜土9:00〜17:00(夏期・年末年始休業を除く)
時間に注意してください。上記以外は閉鎖されています。

現場では大量の杭打機が稼働、作業状況もなんとなくですが、見えます。
最近、結構多くの現場でWEBカメラが設置されています。安価で開設出来るようになったからでしょうか。

【研修委員会】
tokyo_T.jpg
posted by 出建協会 at 18:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年10月03日

オリジナル画像判定サービス gazohan

世の中にはこんなサービスがあるようです。デジタル写真の改竄に対して、メーカーとして証明をするもの。
私的にはまったく無駄なことのような気がしますが、世の中には求める人がいるということでしょうか。
今日はこんなサイトがあるという程度の情報です。

オリジナル画像判定サービス gazohan
http://gazohan.jp/

以下はHPより抜粋です。
-------------------------
オリンパス製デジタルカメラのうち、「オリジナル画像判定」機能に対応したカメラで撮影され、判定用データが記録された画像データに対して、編集や加工などがおこなわれていないかを判定し、無加工・無編集を証明するサービスです。
また、無加工・無編集だと証明された画像に対して、証明書の発行をおこなうことができます。
本サービスのご利用は無料です。(但し、インターネットに接続する際に発生する費用[通信料、プロバイダー費用など] は、お客様のご負担となります)

gazohan では、以下のサービスを提供しております。

「画像判定 サービス」
新規で画像の判定をおこないます。
判定をおこなうには、メールアドレスが必要となります。
また、サービス使用許諾契約に同意いただく必要がございます。
「画像を判定する」ボタンよりお進みください。
「証明書、再印刷 サービス」
すでに一度発行した証明書の再印刷をおこなうことができます。
証明書の再印刷をおこなうには、判定時にお客様にてご入力になった メールアドレスと証明書番号が必要となります。

証明書番号のうしろに「-(半角ハイフン)」と子番号を続けてご入力いただくことで、 個別の証明書を指定することができます。
【例】 123456789012345678901-05
posted by 出建協会 at 14:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年10月02日

島根県:積算単価の公表

島根県の方も単価が改正され、この10月より公表されています。

島根県積算基準・単価
http://www.pref.shimane.lg.jp/infra/kouji/kouji_info/sekisan/sekisan.html

以前は紙での配布、なおかつ電子化はダメとのことだったのですが、時代は変わって来たようです。
利用者としては便利です。

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 12:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年10月01日

中国地方整備局:土木工事設計材料(公表)単価一覧表

中国地整の公表単価が更新されたようです。

中国地方整備局:土木工事設計材料(公表)単価一覧表(2008年10月単価)
http://www.cgr.mlit.go.jp/2008_tanka/200810.htm

国の工事が対象ですので、出雲市等とは規格等が違うかもしれません。でも工事の参考にはなります。(たぶん・・)
島根県版にはない資材もあるようです。参考までに・・


【研修委員会】
posted by 出建協会 at 21:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年09月30日

建設無人化施工協会と「写真でたどる建設機械200年」

出雲では用がない建設無人化施工協会です。たぶん・・

建設無人化施工協会
http://www.kenmukyou.gr.jp/index.html

世の中、確実に進んでいます。少し前には無理だったものが当たり前になって来ています。一般施工においても、もっと便利な機械が出て来るかもしれません。ロッククライミングのバックホウ、これもそういう部類かもしれませんね。

一方、建設機械化協会では「写真でたどる建設機械200年」が販売されています。とても懐かしい機械や仕組み、案外参考になるものがあるかもしれません。
http://www.jcmanet.or.jp/tosho/dl_kennki200.htm

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 17:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年09月29日

国土交通省の用語辞典

用語辞典にはいろいろありますが、国土交通省にも用語辞典がありました。特有の言葉を使う場合がありますので・・・。

国土交通省の用語辞典
http://www.mlit.go.jp/term/file000001.html

結構、参考になります。

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 17:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年09月26日

ブログの通信簿

今日は週末。ブログの通信簿で評価してもらいました。

ブログの通信簿
http://blogreport.labs.goo.ne.jp/

微妙な評価です。
継続して発信することが点数を上げることなのでしょう。

【研修委員会】
tusinbo.jpg
posted by 出建協会 at 19:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年09月24日

土地総合情報システム:最新地図

公開された地図はたくさんあります。紹介した「出雲市地図情報システム」もその一つです。
ですが、どこも少し前の地図という感じがします。

土地総合情報システム
http://www.land.mlit.go.jp/webland/

こちらの「土地総合情報システム」は最新の地図になっているようです。既に「ゆめタウン出雲」も正確に表示されています。
土地情報ですので、最新の地図となるよう運用されているのでしょう。参考までに

【研修委員会】

posted by 出建協会 at 21:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2008年09月22日

土木技術者が仕事に役立てているウェブサイト10選

「土木技術者が仕事に役立てているウェブサイト10選」の記事がニュースにありました。

ケンプラッツ2008/09/16
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/const/news/20080916/526295/

これまでに紹介したサイトもいくつか入ってあります。一度チェックしてみてはどうでしょう。

----------------------------------------------------
いさぼうネット:最新工法の資料を簡単に請求
http://isabou.net/

コンプロネット:コンクリートの諸問題を議論
http://www.con-pro.net/

鋼橋ネットサービス:鋼橋の設計や架設の情報が充実
http://www.e-bridge.jp/

SUKIYAKI塾:技術士の受験を応援
http://www.pejp.net/pe/

若手土木技術者のページ:ベテランにも役立つ豊富なリンク集
http://homepage2.nifty.com/uyan/top-index.html

J-STORE:技術移転可能な特許情報を掲載
http://jstore.jst.go.jp/

東京アメッシュ:降雨データを250mメッシュで表示
http://tokyo-ame.jwa.or.jp/

GEODAS:地盤情報を提供
http://www.jiban.co.jp/geodas/

けんせつPlaza:エコマーク認定の資材が一覧で
http://www.kensetsu-plaza.com/

建設MIL:注目の資材や工法を表示
http://www.k-mil.net/

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 18:10 | コメント(0) | トラックバック(1) | 記事

2008年09月19日

今日は土質工学

土質基礎工学 I の部屋
http://geo.civil.kyutech.ac.jp/~ahirooka/

九州工業大学の研究室サイトです。
学生対象で公開されているようですが、インターネットですので、誰でも見ることが可能です。
でもまあ勉強のためなので、参考にするのはよいでしょう。

ともあれ、建設技術者にとって、土質やコンクリートは重要、基本です。
時間のあるときにこういうサイトを探してみるのはいかがでしょうか?

【研修委員会】
posted by 出建協会 at 19:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事