2009年12月10日

tunnelweb

トンネルに関するサイト、こういうサイトがあるんですね。

tunnelweb
http://www.tunnelweb.jp/index.html

全国のトンネルデータや資料、映像等、たくさん保管されており、島根県のトンネルもたくさんありました。
トンネル以外もありますので、結構楽しめます。
時間のある時に・・・
posted by 出建協会 at 17:59 | コメント(0) | トラックバック(1) | 記事

2009年12月08日

建設業法遵守ポスター

建設業法遵守ポスターが販売されています。
(1枚あたり200円)

建設業適正取引推進機構
http://www.tekitori.or.jp/
------------
建設産業は、一括下請負、技術者の不専任、不適正な元請下請関係等の法令違反が問題となっています。建設業に対する国民の信頼回復、建設業の魅力向上のため、建設業者が法令遵守を徹底することが求められています。
そこで、上記のようなポスターを作製いたしました。現場作業所等に掲示し、工事に携わる全ての人に対して建設業法遵守の周知を図りましょう!
------------
posted by 出建協会 at 18:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年12月07日

災害写真データベース:消防科学総合センター

今日は消防科学総合センターの災害写真データベースを紹介します。

災害写真データベース
http://www.saigaichousa-db-isad.jp/drsdb_photo/photoSearch.do

このデータベース、消防科学総合センターの活動過程で集まった写真データをデータベースとして公開されています。
阪神・淡路大震災以降、1851件のデータ。悲惨な災害ですが、記録としては大切です。
時間のあるときにみると良いでしょう。

posted by 出建協会 at 21:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年12月03日

グーグルストリートビュー:広島

グーグルのストリートビュー、いろいろ言われていますが、広島県と岡山県が対象地域に追加となったようです。
http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=ASFK01014%2001122009

12月2日よりサービス開始。
広島市内道路の40%、岡山市内道路の28%のエリアが対象とのことです。
ですが、山陰地方、出雲まで来るのはまだ当分先のようです。
というか、ないのかもしれません。

とりあえず広島の市街地、見えることは便利です。
posted by 出建協会 at 23:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年12月02日

エアペンミニ

ここのところ紹介したい建設関連のニュース、なかなかありません。
さて今日は・・・、以前紹介しましたが、新しい機種が発売されるようです。
ぺんてる:エアペンミニプラスユー
http://www.airpen.jp/products/shiyou-mini.html
売価は1万7000円前後。

作業時にパソコンが不用、手書きデータはUSBに保存、そのUSBはパスワードロック付き。
机に戻ってデータを整理すれば、外での作業を電子データとして持ち帰れます。
オプションに専用下敷きもあるようなので、セットで持ち歩けば・・・・・。
なにか現場に使えそうですが、いかがでしょう?
posted by 出建協会 at 18:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年12月01日

今年のセキュリティ脅威:DownadupとGumblarが猛威、急増する偽ソフト

雑誌にこんなニュースがありました。
日経ネットワーク12月号
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/MAG/20091130/341267/?ST=neteng

ウィルス対策、いくらやっても終わりがないようです。次から次へと発生します。
ここには今年の総括として、DownadupとGumblarが猛威、そして急増する偽ソフトとありました。
偽ソフト、従来無料ソフトをダウンロードして感染、攻撃を受けたり、個人情報を漏らしたり・・・。これが最近、正規にお金を払う有料ソフトが偽ソフトとしてあるようです。一応の動作はするが、その後、個人情報を悪用し、被害を受けるというもののようです。なんとも怖いものです。便利なインターネットの世界ですが、細心の注意が必要のようです。

上記URLには総括! 2009年のセキュリティ脅威 の記事に少し詳しく書かれています。
参考になります。
posted by 出建協会 at 18:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年11月26日

全建:建設現場の賃金管理の手引き

今日は技術系の話題ではない・・、ですがこういうことも少しは知っておくことは大切かもしれません。

全国建設業協会より、最新版の「建設現場の賃金管理の手引き」が発刊されたようです。
http://www.zenken-net.or.jp/book/book_d.php?id=10

------------
建設現場の賃金管理の手引 平成21年度
頒布価格 \ 1,300
昭和56年の発刊以来、皆様に親しまれてきました「建設現場の賃金管理の手引」がこの度リニューアルされました。
改訂にあたりましては、平成22年4月からの労基法改正を網羅して内容を見直し、賃金管理についてよりわかりやすく解説するとともに、従来B5版のサイズを見易いA4版にしています。
建設業の雇用改善は「適正な賃金管理、労働時間管理から・・・」。賃金管理の実務を行う方に必携の一冊です。

posted by 出建協会 at 18:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年11月24日

山陰・島根ジオサイト地質100選

今日は少し違う話・・、ですが建設業もいくらかは関わること。いろんな地質について知ることは大切なことです。

山陰・島根ジオサイト地質100選
http://www.geo.riko.shimane-u.ac.jp/geopark/geosite.html

(社)全国地質調査業協会連合会、「日本列島ジオサイト 地質百選」が刊行され、全国規模のジオサイトとして83ヶ所が選ばれたようです。島根県からは2ヶ所が選定、ですがほかにも貴重なジオサイトは数多く存在するようです。このサイトでは山陰、島根のジオサイトが多数紹介されています。知らないところがたくさん、また地域資源として見るとおもしろいものです。
年末で忙しいところですが、行ける範囲は見てみたいものです。
posted by 出建協会 at 22:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年11月19日

東京労働局:安全帯切れ墜落死、緊急点検呼びかけ

安全帯、大変重要なものですが、切れて墜落死した事例があったようです。緊急点検の呼びかけもあります。注意したいものです。

東京労働局:安全帯切れ墜落死、緊急点検呼びかけ
http://anzenmon.jp/page/10216953

今年9月11日に都内の建物改修工事現場、足場組立て中に発生した墜落災害、安全帯が途中で切断。約8.8m下のコンクリート面に墜落して死亡。安全帯は約5年使用されていたもの。
安全点検>「安全帯の各部に変形、摩耗、擦り切れ、切り傷、焼損、溶解などの損傷がないか点検する」「特にストラップ型は屈曲する部分を十分に点検する」

安全帯の正しい使い方:パンフレット
http://www.jaish.gr.jp/information/mhlw/h181122.html
posted by 出建協会 at 18:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年11月17日

測定機.com

現場で使う器具、いろいろ見ていたら、こんなサイトがありました。

新潟精機
http://www.niigataseiki.co.jp/

測定機メーカーですが、ノギスを始め、いろいろな機器の製品情報があります。また、機器の校正ハンドブックや測定工具の基礎知識といった書籍があるようです。土木、建築共に、材料等の計測は欠かせません。ノギスでも使い方、いろいろあるようです。知りませんでした。
もちろんこのメーカー以外も検索するといくつかヒットするようです。
便利な時代になりました。
posted by 出建協会 at 23:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年11月12日

日本建設業団体連合会:KensetsuFILMS

今日は下記のサイトを・・・。

日本建設業団体連合会:KensetsuFILMS
http://www.buildupper.com/kensetsufilms/

5分〜10分程度の以下の動画があります。
・歴史をつくる、未来をつくる。それが建設。
・金沢21世紀美術館
・地下の大動脈
・熊本城本丸御殿
・東京国際空港D滑走路建設外工事

出雲地域では想像出来ないくらい巨大な事業ばかりですが・・・・。
時間のある時に・・・。
posted by 出建協会 at 22:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年11月11日

下水道:管路管理のゼロ災に向けて

日本下水路管理業協会で販売されている安全教育DVDです。
管理作業がメインですが、安全管理や工法等、参考になりそうです。

日本下水道管路管理業協会
http://www.jascoma.com/
管路管理のゼロ災に向けて
http://www.jascoma.com/tosho/DVD/etc-h2010.htm

発行年:2008年
会員価格:5,000 円
一般価格:10,000 円
DVD 1枚 41分
作業を行う上で何が危険か、どうすればその危険を回避できるかなど、わかりやすく紹介しています。
新人・ベテランを問わず、管路管理業に携わる作業員の教材として、是非ご利用ください。
また、自治体においても管路管理での安全な作業の理解を深めていただくために、ご活用をお願いします。
平成20年10月、本DVDは文部科学省の教育映像等審査制度において『文部科学省選定』の作品となりました。

【サブタイトル】
1.高圧洗浄車清掃工 (ドラマ編・15分)
2.テレビカメラ調査工・水替作業 (ドキュメント編・7分)
3.潜行目視調査工 (ドキュメント編・8分)
4.小口径管きょの修繕・改築工事 (ドキュメント編・11分)
posted by 出建協会 at 18:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年11月09日

東京都鉄筋業協同組合:「配筋自主検査表」

工事において鉄筋工事は重要です。
東京都鉄筋業協同組合に「配筋自主検査表」というファイルがありましたので紹介します。

東京都鉄筋業協同組合
http://www.toutetu.jp/index.htm
http://www.toutetu.jp/newpage300.htm

1.基 礎 (A4版)
2.柱・壁 (A4版)
3.梁・床 (A4版)
4.チェックリスト (A3版)

自社の品質管理として使えそうです。
いかがでしょうか。
posted by 出建協会 at 19:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年11月05日

GISシンポジウム(第9回)”体感!実感!島根のGIS”〜現場&政策で活用開始〜

島根県のGIS、以前に紹介しましたが、表記のシンポジウムが行われるようです。

GISシンポジウム(第9回)”体感!実感!島根のGIS”〜現場&政策で活用開始〜
http://www.pref.shimane.lg.jp/chusankan/gis_top/gis2009.html

10:00~14:00
第I部 GISの現場&政策活用ワークショップ
13:00~17:00
第II部 島根のGIS活用事例の体感!実感!
〜事例展示と全体会議〜

午前の部ではGISソフトの操作も体験できるようです。時間があれば行って見たいと思っていますが、いかがでしょう?
posted by 出建協会 at 20:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年11月04日

島根県電子入札システム利用者登録数の状況(H21.10末現在)

島根県の県内一般土木等級別、電子入札システム利用者登録数の状況(H21.10末現在)が公表されていました。
島根県の電子入札
http://www.pref.shimane.lg.jp/infra/kouji/kouji_info/cals_ec/ec.html

島根県の運用状況
・運用開始前、実践実験を行い、各会社から応札して練習を行った。
・H21.4 主に1000 万円以上の一般競争入札(簡易型含む)工事・業務委託案件でスタート
・H21.10 から建設関連業務委託については、全案件に拡大(紙での応札も認める)
・H21.12 から建設工事について全案件に拡大(郵便での応札も認める)
・H22.04 から全案件に拡大(紙入札は、災害の障害時を除き認めない。)
平成22 年4 月以降、電子入札の設定ができていない業者は、原則指名しません。

ということなので、まだの会社は急ぐ必要がありそうです。
一方、出雲市でも来年の春からは同様な処置となります。出雲市だけの会社もあると思いますので、こちらも同じようにそろそろ準備が必要です。




posted by 出建協会 at 22:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年10月29日

建設荷役車両特定自主検査強調月間

特定自主検査強調月間がまもなく始まります。年末はとかく忙しく感じます。当然検査は実施されていると思いますが、それでも確認したいものです。

期間:11月1日〜30日
スローガン「安全は年に一度の特自検」
目的
フォークリフト、車両系建設機械等建設荷役運搬車両を取り扱う人の安全を確保し、労働災害の防止を目指して、特定自主検査(特自検)の一層の普及を図る。建設機械と荷役運搬機械は、労働安全衛生法により定期自主検査が義務づけられています。フォークリフトや車両系建設機械等については、労働安全衛生法により、事業者は1年以内ごとに定期に、有資格者による自主検査を実施しなければなりません。作業前に検査済標章を確認しましょう !
※事業者が行う実施事項
・特自検が計画的に実施されているか確認する。
・特自検未実施機械がないか、標章の貼付を確認する。
・特自検記録表の検査結果とその補修措置を確認する。

建設荷役車両安全技術協会
http://www.sacl.or.jp/
posted by 出建協会 at 17:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年10月27日

建設技術セミナー2009

島根県建設技術センターで「建設技術セミナー2009」が開かれるようです。セミナー内容、いろいろありますので参考になりそうです。申し込みは下記HPより申込書をダウンロード、FAXで行います。

島根県建設技術センター
http://www.sctc.or.jp/menu.html

開催日:平成21年11月19日(木)
時 間:13:30〜16:40
会 場:くにびきメッセ (小ホール)
定 員:300名
受講料:1,500円
申込締切日:11月13日(金)

1)基調講演
『3次元CADの動向と地方自治体における活用の展望』
2)セミナー
『工事成績評定要領改訂の動向』
3)セミナー
『発注者の取り組み紹介(みんなで話しあい解決)』〜設計・施工技術力向上委員会の概要と実施報告〜
4)情報提供
『まもなく開通 山陰道 斐川〜出雲の状況』
『第五大橋の最新の工事状況』

セミナー申し込み、システムで出来るようになると便利ですが・・・
posted by 出建協会 at 18:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年10月19日

社団法人日本建設業団体連合会:建設、人そして技術

記事は少し古いものですが、読み物として・・・

社団法人日本建設業団体連合会
http://www.nikkenren.com/challenger/index.html

こちらは週刊文春に連載された記事とのことです。
関連の読み物、記録としてはおもしろいものです。週刊文春にこういうものがあったとは知りませんでしたが、建設について良く考えられた内容、文章です。

1月4・11日号:二十年に一度生まれ変わる、日本伝統建築の原点。
12月28日号: 「通過」する駅から「集う」駅へ。上野駅のルネッサンス。  
12月21日号:池の水を減らすことなく、堆積した汚泥だけを取り除く。  
12月14日号:防衛庁跡地に誕生する、機能美の東京ミッドタウン。  
12月7日号:建設業界がリードする、新たな防災大国への道。  
11月30日号:保存復元と耐震改修で三つの時代が一体化した。  

これより前の内容も結構なボリュームです。
時間のある時に・・・・。
posted by 出建協会 at 20:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年10月16日

社団法人建築業協会関西支部:工事参考資料

あちこち見ていますが、ここは特に充実しています。

社団法人建築業協会関西支部:工事参考資料
http://www.bcs-kansaisibu.com/

施工計画書ひな形集、建築CAD部品集、工事情報共有書類様式集、BCS作業所標準フォルダ、見積ソフト紹介、見積条件チェックリスト(建築)

担当の方、どれも十分に検討されて、アップされているのでしょう。とても参考になる内容です。
また右側にある漫画も結構おもしろいです。
時間のあるときにいかがでしょうか。
posted by 出建協会 at 18:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 記事

2009年10月14日

建災防東京支部、事故例と書籍販売

建災防東京支部のホームページに事故例が記録されています。
起きてしまった事故、再発防止のためにも教訓とすべきでしょう。過去の事故例も記録されていますので、教育訓練にも使えそうです。

東京都内建設工事事故例の紹介
http://www.kensaibou-t.com/jirei.html

また下記書籍、最新版の販売が紹介されています。
たぶん会員のみではないと思います、買えると思いますが。

「墜落防止の決め手」2009年度版
http://www.kensaibou-t.com/keikakutodoke.htm

posted by 出建協会 at 18:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事