2010年02月22日

JFEスチール:鉄の博物館

今日はこんなサイトを紹介します。

JFEスチール:鉄の博物館
http://www.jfe-steel.co.jp/museum/index.html

鉄のできるまで、パイプ博物館
子供向けのサイトですが、大人でも結構楽しめます。
中でも「JFEコレクション」は大昔から設置されたパイプの説明があり、興味深いものです。
まだまだ知らないサイト、たくさんありそうです。
posted by 出建協会 at 19:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2010年02月18日

島根県技術士会:研究活動バックナンバー

こちらは島根県技術士会のサイトです。
地元ならでは研究テーマによる論文が掲示されています。日付的には少し古いようですが、研究内容としてはとてもおもしろいものです。時間のある時にいかがでしょうか。

研究活動
http://peshimane.s3.zmx.jp/modules/tinyd0/index.php?id=1
島根県技術士会
http://peshimane.s3.zmx.jp/

posted by 出建協会 at 18:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2010年02月16日

フラワーガイドシステム

日本造園建設業協会に「フラワーガイドシステム」というのがあります。
ずいぶん前に同様なサイトを紹介しましたが、こちらも充実した情報源です。
造園人として知っておきたい花材料、約100種とのことです。

日本造園建設業協会
http://www.jalc.or.jp/index.html

上記の左下のアイコンから入れます。

検索条件、検索できる項目は下記のとおり。
名前検索
花の色
性状1
性状2
日照条件
耐性
花の鑑賞期間
葉の鑑賞期間
posted by 出建協会 at 18:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2010年02月10日

島根県の工事成績評定要領がこの4月より改訂

島根県の工事成績評定要領がこの4月より改訂されます。
説明会がまもなく開かれますが、その資料が今朝時点でアップされました。
島根県工事成績評定要領の改訂について
説明会
資料には、今回の改訂のポイントとして、工事目的物の品質を重視すること、きめ細かい評定を行うこと、があるようです。採点表が見直され、5段階評価から7段階評価となっています。+側が細分化されていますので、相応の評価結果が期待できそうです。また以前から気になっていましが、維持管理工事のような出来形や品質管理項目のない場合、これまではいくらがんばっても同じような評価結果でしたが、こちらも改正されるようです。
総じて、「いいものを作る、そうすると良い評価結果を」ということでしょうか。一方、工程管理や安全対策、地域貢献は当たり前ということです。是非見てほしいファイルです。
posted by 出建協会 at 12:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2010年02月08日

島根県:工事成績評定4月改訂

島根県の工事成績評定が4月に改訂されるようです。
この説明会が2/16-25の間、県内9会場で開催、出雲は2/16となっています。
-----------------
島根県土木部技術管理課
http://www.pref.shimane.lg.jp/infra/kouji/kouji_info/hin/
成績評定要領を改訂するのに伴い、説明会を実施します。聴講希望の方は、申込みが必要です。
H22.4成績評定要領改訂説明会の説明資料(2月10日アップ予定)

今回の改訂、国に準じた内容に県独自部分を盛り込んだもののようです。そうなると出雲市はどうなるのでしょう?
posted by 出建協会 at 19:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2010年02月02日

東京エスカレーター

こちら、紹介した「高架橋脚ファンクラブ」の運営者でしょうか?
『東京エスカレーター』、地方出身者の見た都市の魅力的な物体を集めたサイト、とのこと。

東京エスカレーター
http://d.hatena.ne.jp/tamura38/

出雲のエスカレーターは短いところばかりですが、都会にはとても長いものがたくさんあります。そういった構造物に興味のある方、いるようです。こちらも建設関連ですので、どうしてもこういったものに興味を持ちます。
いろいろと写真も豊富ですので、楽しめます。
posted by 出建協会 at 18:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2010年02月01日

しまねの農村景観フォト

早いものでもう2月、年度末まで2月です。
さて今日はこのサイト・・・。
島根県内の農村風景、たくさんの写真があります。地元のサイトにも見ていないものがたくさんあるように思います。

しまねの農村景観フォト
http://www.shimanedoren.or.jp/fotoco_bosyuchu.html

年度末の忙しい時期、そして天気も今ひとつ、現場は大変です。
こういう風景、良いものです。地元の写真そしてこころ暖まる写真がたくさんです。少しは気が休まるかもしれません。
時間のあるときにいかがでしょうか?

posted by 出建協会 at 18:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2010年01月27日

高架橋脚ファンクラブ

今日はこんなサイトを・・・。
高架橋脚ファンクラブ
http://www.kyokyaku.com/

出雲は平地が多いところ、高架もそんなにありません。なので都会の密集地で長い年月をかけて工夫され、作られてきた高架、作ってこられた方の苦労が見えます。
圏央道 久喜白岡JCT(仮称)の写真は見もの、また高架橋脚ニュースもおもしろいです。

posted by 出建協会 at 08:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2010年01月22日

本日の講習会、盛況でした。

本日、出雲市と共同で講習会を開催しました。
大変盛況で、約70名の参加、大会議室が一杯でした。講習はいつものように各自パソコン持参です。CDを2種類用意し、自分で操作しながら講習を進めます。

出雲市から、電子入札全面実施とこれまでの経験から注意点を紹介、そして電子納品ガイドラインの公表、その実施計画について説明していただきました。
そして協会側からは電子入札と電子納品の実際の話を行っています。
参加頂いたみなさん、とても熱心です。これまで数回講習をしていますが、聞きたいという人はまだいるようです。

出雲市の電子納品は段階的に進めるとのこと。
まだホームページ上にはないようですが、平成22年度は3500万円以上、平成23年度は1000万以上、次に全て、という順序で行われるようです。講習資料で出雲市の電子納品運用ガイドラインを使いましたので、まもなくホームページにもアップされるでしょう。
image 007_1.jpg
posted by 出建協会 at 19:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2010年01月20日

出雲市の電子入札全面実施による協会講習会

1/5のブログ記事で「出雲市の電子入札全面実施および電子納品開始に伴う講習会を開始」紹介しました。協会および出雲市から案内を流していただきましたが、早々に予定数オーバーとのこと。昨年も開催したので、希望はそう多くないと考えていましたが、そうではないようです。

講習会
平成21年1月22日13時〜17時
内容
1)出雲市より説明
・出雲市の電子入札全面実施
・出雲市の電子納品開始
2)協会講師
・実機による電子入札システムの説明
・電子納品の実際

希望者がとても多いため、追加講習を開催することになりそうです。まだ検討中ですが、決まればまた案内が流れることになります。出雲市の電子納品は島根県のマニュアルとほぼ同じ、なので、大きな問題はないでしょう。慣れることが大切ということでしょうか・・・。
昨年夏のスキルアップ講習は結構好評だったようです。
posted by 出建協会 at 15:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2010年01月13日

場所打ちコンクリート拡底杭の監理上の留意点

場所打ち杭の管理について、拡底杭の技術資料がありましたので、紹介します。H12年発行ですが、基本的には工法は変わっていませんので、参考になります。

日本基礎建設協会
http://www.kisokyo.or.jp/index.html
場所打ちコンクリート拡底杭の監理上の留意点 一括
http://www.kisokyo.or.jp/document.htm

今日のニュース、建設現場でまたクレーンが倒れたようです。基礎工事もクレーンを使うことが多いものです。注意したいものです。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100113-OYT1T00500.htm
posted by 出建協会 at 12:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2010年01月07日

隠岐の島のメガフロート

羽田空港の拡張工事、もうまもなくのようです。最近、新聞でもよく取り上げられています。
そういう意味でいろいろ見ていたら、隠岐の島にメガフロートがあるとは・・・。

日本造船技術センターの受注実績
http://www.srcj.or.jp/html/megafloat/results/res_index.html

都会ならではの工法と思っていたら、まちがいでした。
近くでも知らないこと、結構あるものです。

下記は羽田空港のサイト、技術情報やライブカメラ・・、こちらもいろいろありますので、参考になります。

羽田空港D滑走路
http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/company/new_haneda_airport/
http://www.pa.ktr.mlit.go.jp/haneda/haneda/

posted by 出建協会 at 22:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2010年01月05日

出雲市:電子入札の拡大

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
昨年末に以下の記事が出雲市ホームページで更新されていました。

出雲市ホームページ
2009年12月28日登録
・平成21・22年度建設工事、測量・建設コンサルタント業務等入札
・参加資格審査 追加申請について
・建設工事の基本様式集

2009年12月25日登録
・建設工事関連業務における「低入札対策」について
・建設工事における「最低制限価格制度」「低入札価格調査制度」の改正
・平成22年度 電子入札の拡大等について

中でも電子入札の拡大は島根県に同調し、全面実施となるもの、まもなく電子納品についてもアナウンスがあるはずです。
市協会では今月中に「電子入札・電子納品講習会(出雲市の電子入札全面導入と電子納品)」を開催します。対象は電子入札未経験企業及び電子納品未経験者の方としており、講習内容は昨年実施のものと同様です。
協会から案内が流れますので、希望の方は参加ください。
たぶんこの手の講習はこれが最後になるかもしれません。
posted by 出建協会 at 08:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年12月28日

年末年始休暇でリフレッシュを

早いもので今年ももうまもなくとなりましたが、現場作業はこの数日が稼ぎ時です。自分なりに区切りを付けて年末年始休暇としたいものです。
少し古いですが、ネットを見ていたらこんな文章がありました。

土木工事従事者の職業性ストレスおよび冬期の自覚症状調査
http://www.jsomt.jp/journal/5301.html
http://www.jsomt.jp/journal/pdf/053010039.pdf
建物解体作業者における冬期の自覚症状調査
http://www.jsomt.jp/journal/5206.html

土木系の調査ですが、建築も同じで大変、ストレスも溜まります。
寒くなると身体もこころも動きが鈍くなるもの、防寒対策には十分に気を付け、安全な作業としたいものです。
また年末そして年度末に向けてストレスが溜まりそうですが、この休みはとにかくリフレッシュ。
年明けより再スタートです。
posted by 出建協会 at 12:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年12月23日

日本溶接協会

まだいろいろな協会があります。

今日は日本溶接協会
http://www-it.jwes.or.jp/tig/index.jsp

専門業の世界ですが、いつもと違うところを見ることも良いことと思います。
文献オンラインの溶接教育コンテンツには溶接・接合技術入門とか動画での溶接技術の紹介があり、参考になります。
時間のある時に・・・
posted by 出建協会 at 16:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年12月22日

NHKスペシャル 12/26 19:30-

先週は中国地方向けの番組を紹介しましたが、今週末には全国版の番組があるようです。
NHKスペシャル 12/26 19:30〜20:43
http://www.nhk.or.jp/special/onair/091226-2.html

中国地方向けでは大変厳しい地方の実態(島根)が紹介されていました。
12/26の番組でも同様な内容がありそうです。

------------
攻防予算編成 〜“政治主導”は実現できるか〜(仮)
衆議院選挙で歴史的圧勝を果たして誕生した鳩山政権。国民に約束した政権公約=マニフェストの実現を目指し、“政治主導”による新たな仕組みでの予算編成に取り組んでいる。「事業仕分け」によるムダの洗い出し、予算の組み替えなどによって財源を確保し、子ども手当、高速道路無料化などマニフェスト政策を具体化する試みである。しかし、デフレ不況、税収減などで財源確保は難航。どこまでマニフェストを実現することができるかが、政権運営の試金石となっている。“政治主導”を掲げ鳩山政権が発足してから100日。番組では、来年度の予算編成の舞台裏に密着。政権のキーマンとなる閣僚や、予算編成の実働部隊となる副大臣・政務官を取材し、予算編成や税制改正などをめぐる攻防を追う。
posted by 出建協会 at 12:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年12月17日

NHK松江放送局:新政権3か月 中国地方に広がる波紋

NHK松江放送局のページにありましたので紹介します。時間のある方、見られてはいかがでしょうか。

NHK松江放送局
http://www.nhk.or.jp/matsue/program/b-det0061.html

ふるさと発「新政権3か月 中国地方に広がる波紋」
12月18日(金)午後7時30分〜7時55分
再放送:12月20日(日)午前8時〜8時25分
[中国地方向け]
「コンクリートから人へ」というスローガンを掲げ、政権交代を果たした民主党。子供手当の支給や高校の授業料実質無料化、農家への戸別補償など、マニフェストに掲げた政策実現のため、国は徹底した事業仕分けによる予算の削減に向け動き出した。中国地方で、最も波紋を呼んでいるのが公共事業の削減。新たな政策が私たちが暮らす中国地方にどのような影響を与えるのか、その現状を報告する。

posted by 出建協会 at 15:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年12月16日

日本自然災害学会:災害写真集

災害写真について・・・

日本自然災害学会
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsnds/

こちらの災害写真集には「島根県:昭和58年山陰豪雨災害」が紹介されています。
三隅川の氾濫状況、その後・・・、貴重な記録です。

昭和58年山陰豪雨災害による三隅川の洪水氾濫
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsnds/contents/saigai_report/mikumagawa_1.html
posted by 出建協会 at 17:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年12月14日

ウィルスソフト同梱USBメモリー

以前、セキュリティ機能のないUSBメモリーにその機能を付与するソフトを紹介しましたが、今日はこんな製品を・・・・

最近、USBメモリーを狙ったウィルスが増加しているとか・・・・。
対策なしのUSBメモリーでデータ交換すると知らぬ間に案外感染することがあるかもしれません。
それと盗難に対する備えも必要。そういった両方を備えたUSBメモリーがあるようです。

RUF2-HSCL-U2G/3
http://buffalo.jp/products/catalog/flash/ruf2-hscl-u_3/

こちらは少々高いですが、3年間のウィルス定義ファイル更新のライセンスも付いているようですので、安心して使えます。またキャップなし、スライドタイプですので持ち運び時に便利です。
USBが紛失した場合、大切なファイルもいっしょになくなる・・・。怖いものです。

もしかのためには少なくともセキュリティ機能の付いたUSBメモリーを使いたいものです。
posted by 出建協会 at 19:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2009年12月11日

アメリカ土木学会

今日はこちらを紹介します。
アメリカ土木学会
http://www.asce.org/
もちろん英語サイト、いろいろ見ていたら行き当たりました。
興味のある方はいろいろ見ると良いでしょうが、遊び程度であれば、日本と同じでキッズサイトはいかがでしょう。
左中央に「Kids」があります。結構遊べます。
キッズ
http://content.asce.org/asceville/index.html
http://content.asce.org/asceville/just_for_fun.html
posted by 出建協会 at 17:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事