2018年01月23日

現場タブレット(2)

以前、蔵衛門Padを紹介しましたが、価格が10万円超えで高価な為、無理だ
という人にお勧めです!
なんと!アップルユーザーの方はアップルストアで無料であるのです!

https://itunes.apple.com/jp/app/%E8%94%B5%E8%A1%9B%E9%96%80%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E9%BB%92%E6%9D%BF/id1168968091?mt=8

使い方は基本蔵衛門Padと同じです(手書き入力がありません)

iPhone、iPadをお持ちの方はぜひ試してみて下さい。
黒板を持ってもらう手間が省けますので自分のペースで写真が取れますよ。
離れた場所高いところや低いところでも!
また雨の日など黒板が書けない場合非常に重宝します。

ざっくりと使い方を説明します。
まず黒板を選びます。
IMG_0502.PNG
結構たくさんあります。

次に文字や図形を入力
IMG_0504.PNG

img_aboutBoard.jpg
ここでは文字の大きさや、色、黒板の色、図形なども入力します。

そして撮影です。
IMG_0508.PNG
IMG_0512.PNG
黒板の大きさや場所はスワイプ(swipe)やピンチ(pinch)で移動、拡大縮小が可能です。

黒板のカスタマイズも可能です。
IMG_0513.PNG

IMG_0509.PNG
黒板を透明にもできますし、半分透明にもできます。黒板がいらない場合消すことも可能です。

私はiPadminiで使っています。大きさも丁度良いですね。
ぜひ試してみてください。

(永)
posted by 出建協会 at 10:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事