2014年04月07日

新年度

新年度始まりました、皆様本年度も宜しくお願いします。

4月になりましたが、朝晩は寒く、日中は暖かい、着る物に困る気候が続いています。

4月最初のブログ更新ということで、消費税8%の話題にしようと思いましたが
増税で結果、暮らしが良くなるならば致し方ないと思っていましたので
とくに思うことはございません、増税前に駆け込みで買ったものも帽子と本だけです。

ということで、私事ですが、昨日奉納山にお花見に行ってまいりました。
お花見と言えば、寒くて風が強いというイメージしかなかったのですが
今年のお花見も、寒くて風が強かったです。
奉納山でお花見というのは初めてでした、スポットとしても聞いたことがなかったのですが
行ってみると、まぁ普通でした。
出来るだけお酒は飲みたくない質なので、昨日もバイクで出かけひたすら食べてました。

私、職場は大社町ですが住まいは姫原なので日曜日に大社の方に出かける機会は
あまりないのですが、奉納山に向かう時に日曜日の神門通りを通ってみました、
やはり賑わってますね、遷宮効果は後5年は続くとか続かないとか言われていますが
今の賑わいは失わせて欲しくないと思います。
神門通りも少し入ると空き家があったり、まだまだ観光地としての伸びしろがあります、
上手く活かし、更に賑わう町づくり、その一端でも担えればなと思っているのでした。




posted by 出建協会 at 12:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事

2014年04月04日

世界の中の日本は凄い

世界で一番歴史のある会社は創業が578年で、今年で1436目になる「金剛組」という建設会社。
そんな歴史がある会社は世界に他にはありません。
100年を超える企業の多さでも数万社になるなんて世界では稀です

あの経営の神様といわれたピーター・ドラッカーは日本の経営スタイルに興味を持ち来日しました。

そして彼が興味を持ったのは景気という言葉です

経済の状況を表す言葉に非常に深い意味があったのです

「太陽の光が京都の街を照らしています。街を照らす力が『景』という意味です

そして、

 「『気』は心と言います。心で街を照らす力、こういう意味です」

と当時の人は答え、

ドラッカーの理論は変わり

「あらゆる経済活動は人間の精神活動に由来する」という理論ができたのです。

これって凄いことですよね。

日本の素晴らしさを世界は認めていたのにそれをちゃんと認識することが
今の私たちに必要なことですよね
posted by 出建協会 at 17:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 記事